2018 MOTO Revolution
      & Moto Renaissance Rd.5
GALLERY TOP
AM5:30には到着、並び具合はこんな感じ。
来てみると、既に”すえざわさん”来てました!久しぶりのレース、金曜日夕方入りで気合い入ってます。
今回も”たけうち”、スマホでのビデオ撮りに熱中の様子・・。画面を平行を保つ為の新たな武器を装着してきてました。
最近共同制作したHYOD製オリジナルシャツ、半強制的?に”すえざわさん”現地購入してました(笑)
で、全員がオリジナルシャツを着て、チームアピール?!
このように快晴、今日は暑くなりそうです。恐ろしや・・・・。
”すえざわさん”がテントを持ってきてたので、迷わず設置!日陰を少しでも確保します。
とりあえず3台、”たけうち”は練習走行のみ。後は”たかはし”のS1000RR待ちです。
”たけうち”がスピーカーを持ち込んできました。ジャズを流して、空間作りです。
暑さを考慮して”とし”が追加でミニ業務用扇風機を購入して持ち込んできました。なかなか面白い3Dな動きしてます。
”すえざわさん”、バイクとシャツが絶妙にマッチしてますな(笑)
落ち着いたところで、皆は談笑タイムへ突入、とてもレースをしに来ているとは思えませんな(笑)
お隣ピットな方は、トランポにこんな工夫が・・・やりますな!
お隣のピットは、おなじみのS'KIDさん、マッシモさん。どちらもコアな方々です。
”たけうち”がサブコン確認でPCと格闘していると、”えんどうさん”がチャチャを入れに来ました(笑)。
こちらは”さわのさん”の1000DSレーサー、やはり空冷レーサーはカッコイイです!乗っても速いし。
放心状態?の”すえざわさん”、暑さにまいってるようです。
黙々と言いつけられたお仕事(笑)をこなす”かいのう”。今回もクイックチャージャー使ってますよ!
”たかはし”も気合いが入ってきたようです。オープンクラスに放り込まれ(笑)、緊張しているのでしょうか?
”たけうち”も横で給油していたコイツが気になってしょうがないのか?、”かいのう”に言いつけて、ガソリン補給してもらってます。
君たち・・・・そろそろそんな恰好するの、止めようよ(笑) オヤジ丸出しやんか!
”さわのさん”は、お友達の専任メカニックと二人三脚で進めてます。なかなかいいコンビですね!
外のテントの気温は39.9度、見るんじゃなかった・・・・卒倒しそう。ちなみに、この後40度を簡単に超えてました(汗)
忙しい忙しい・・・とブツブツ言ってる”たけうち”、油断するとすぐにヤラレるのよ(笑)。ホンマに忙しい・・・訳ないやんか!
今回は、練習走行途中に小休憩を入れてます。本人は、扇風機にあたってるのは、言うまでもありません。
”すえざわさん”、とっとと練習を切り上げ、タイヤ交換に精出してます。ちょっと早過ぎやしませんか?(笑)
”たけうち”は、練習走行の合間にリアタイヤだけ交換してます。手慣れているので、作業も早いです。
今回の敵(笑)、のぱのぱR”あやたさん”を襲撃してみると、ちゃんと働いてました(寝てるかと・・笑)。
”かさいさん”は、一家総出で娘のJP250に集中してます。今年は自分はそっちのけの模様。
ダンロップブースでは、こんな情報を掲示してくれてます。
見たくもない数字が・・・だんだんヤル気が失せてきそう(笑)
今日3本目の練習走行へ・・・ここまでくると、暑さで気合い入らないんじゃないですか?
案の定グダグタになってる”とし”、ツナギを脱ぐ気力も失せてる模様・・・。まだ今日のお仕事、終わってませんよ〜(笑)。
こちらは、既にリラックスモードに突入してバナナを食している”すえざわさん”。ある意味、一番賢い行動を選択したのかもしれません(笑)。
”たかはし”のタイヤ交換を手伝っている”たけうち”。ほらほら、もっと働け〜(笑)
さあ、車検です。誰もバイクを押そうとしません、しんどい事には手を出しません(笑)。結局貧乏クジを引いたのは”かいのう”のようです。
さあ、今回の車検でドラマは生まれるのでしょうか?というか、誰が餌食になるのでしょうか?
今回の餌食は”すえざわさん”みたい。キャリパーのワイヤリングで神の声を頂き、渋々修正ちう。
”とし”もフラフラになりながら”かいのう”とタイヤ交換完了・・・もう無理・・・(汗)
という事で今日のお仕事を切り上げました。
気力回復すべく、湯郷温泉に繰り出してきました!
何故か今回も焼肉!いつもの力亭はいっぱいだったので、新規開拓してみました。
ここも七輪で焼きます。なかなか美味しかったですよ。
翌朝、”とし”にたたき起こされた面々。早々に朝食タイムへ。その後はお眠むだったのは言うまでもありません(笑)
さあ、予選決勝です。その前に、やり残したメンテナンスしにゃきゃ!
”たけうち”はバイクをトランポにしまい込みます。今日こそは、ピットクルーに専念しなされ!
”たかはし”、黙々とタイヤを拭いてます。結構マメに動いてますよ。
今日もこのピットシャツでお揃いです。なかなかカッコイイですな!
”かいのう”は、言いつけられて渋々タイヤに貼られたステッカー剥ぎしてます。これがなかなか面倒なんですよね・・。
”たかはし”、OIRC事務局で謎の液体ワックスを買ってきました。で、効果確認?”とし”のカウルもサービスで拭き拭きしてくれました。
”たけうち”、乗り方のレクチャーをしてる模様。
今日はさらに暑くなりそうな天気です。パドックも賑やかになってきました。
予選は”たかはし”から。チーム総勢で手伝います。
”とし”も予選ウェイティングへ。暑さ対策で傘を差したり、タオル被せたり・・・それくらい暑いのです(汗)
さあ、コースインです。思ったような展開に持ち込めるのでしょうか?
予選終了、この時点で暑さにまいってます・・。まあ、コケなくてよかった・・・が正直なところでしょうか。
”おおしまさん”が遊びに来て、いきなりRedBullの差し入れ!これで気合い入れろ!という事でしょうか(笑)
”たかはし”、午前中の早い時間帯に決勝です。うらやましい〜!
オープンクラス、ST1000クラスの決勝です。なかなか前の壁は厚そうです。”たかはし”、どこまで切り崩せるでしょうか。
嫁さんはバイクでツーリングがてらやってきてヘルパーしてます。
ほらほら、寝てるとヤラレるんですよ(笑)油断大敵!
ジャニーズ系男前?な姿で談笑する”おおしまさん”、あの〜雰囲気有り過ぎなんですが・・・(笑)。
昼食、大枚はたいて涼みに行くぞ〜、と”かいのう”を探してたら、既に入口で待ってました(笑)。
今回は2FのVIPルームでビュッフェです。エアコンがガンガンに効いた部屋の誘惑に負けました・・(笑)。
気が付いたら、同じピットの面々、揃ってました。恐るべし(笑)。
VIPルームからコースはこんな感じで覗けます。ん〜、確かにVIPな気分ですな。
引き揚げるよ!と言ったら、ダタをこねる”たけうち”。「いやだ〜」ガキですな(笑)。
で、ピットに帰ると、皆はスヤスヤお眠む中〜。時間をもてあそばせてますな。
で、ダンロップブースの
掲示板。昨日よりヒドイやんか〜!ヤル気失せそう・・・・。
やっと、ウェイティングエリアへバイクの移動の時間となりました。さあ、気合い入れるぞ!
”すえざわさん”には重鎮な方々がついてます。
”とし”の後ろにはHYODなおいさんが何やら写真撮影に・・・作成したピットシャツ撮ってます。
この場に及んで、またまた”たけうち”がビデオ撮影に精を出してます。
今回も表彰台に呼んでもらえた”とし”。ただ今回も惨敗・・・。
おねーちゃんに囲まれての表彰台、これで救われたようなもんですな(笑)
今回の参戦者&サポート部隊

とし    −−EF−SS  DUCATI 748R
たかはし  −−オープン   BMW S1000RR
かいのう、たけうち  −−サポート組




 さあ、真夏のレースが来ました。今年は今までにない酷暑、いったいどうなるのでしょう?“とし”は今年第3戦目、6月と同様EF-SSクラスへエントリー。そして“たかはし”がchallengeクラスを強制卒業(笑)となり、オープンクラスへエントリーです。ヘルパーは“かいのう”、“たけうち”の2名、今回もいやな予感ビリビリ(笑)。6月のレースと同様、“たけうち”がスマホ片手にビデオ第2弾や〜!と、金魚の糞のごとくつきまとってきます。その“とし”、レース2週間前のオフロード練習中に、倒れたバイク(要はコケたのネ)を起こす際に腰がグキッ!、軽いギックリ腰をやらかす、と言う情けない事態(乗車中でないバイクの怪我)となり、不安要素を抱えての現地入りとなりました。年齢には勝てません(笑)

 土曜朝のゲートオープン前にいつもの通り岡山入りの“とし”と“かいのう”。何と“たけうち”もそれよりちょっと遅れての岡山入り、何か気合い入ってるのでしょうか?(謎)。“たけうち”は、今回も時間の有効活用という名目のもと、自分のバイクを持ち込んで前日練習(しかも3本)に紛れ込み、ヘルパーだけではなく、自身の練習を入れてます。今回も、ちゃっかりしてますな。ちょっと遅めに“たかはし”も岡山入りし、全員が揃いました。
 前日練習、“とし”と“たけうち”は、この酷暑の中で3本の練習を入れてます。無謀とも言える能天気さ(笑)、熱中症になっても知らんぞ〜、という声が聞こえてきそうです。ただ、今回の練習走行の時間配分は変えてます。延々30分走ってもダレるだけなので、最初の10分走行、そして10分間の休憩(ヘルメットも脱ぎ、椅子に座って休憩)、残り10分の走行です。予選を戦うイメージで、短い時間に集中して練習するメニューです。7月に練習走行に行った際にやってみて感触もよかったので、この酷暑での練習に取り入れてみましたとさ。“たかはし”は2本の練習、久しぶりのエントリー“すえざわさん”は、早々に練習を切り上げて、まったりモードに入ってました。この前日練習、朝、昼前の走行枠はそこそこの台数が走ってましたが、午後の走行では極端に走行台数は減ってました。暑さの為か、皆さん走行をひかえていたようです。
 で、練習の成果はあったのでしょうか?“たけうち”は月末のJSBレースを意識しての走行、それなりに効果はあったようです。“とし”は・・・・決勝で46秒台での連続走行を意識して臨んだものの、47秒台止まり・・・、これじゃあ、決勝ではおいて行かれるぞ(笑)。絶対命題をクリアできずに終えてしまいました。最近、ずっと見えない壁と戦って惨敗している模様です(笑)。
 練習走行を終えた後は、選手受付と車検。今回の“とし”、車検での指摘も無く、すんなり車検をパス。混乱を期待していた“たけうち”は拍子抜け・・、何かと話題を無理矢理探している“たけうち”には物足りなかったようです。
 夕方になり、皆の疲労もピークの中、ヘロヘロになりながら手分けして翌日の予選に向けてタイヤ交換を開始。“たかはし”はタイヤサービスに持ち込んでタイヤを履き替え、“たけうち”が装着。ここでも“たけうち”、こき使われます。まあ、タイヤ組替を回避できただけマシと考えましょう。“とし”は、“かいのう”と二人で全てを黙々とこなします。というか、ダレてヤル気が失せているのに、身体にムチ打って、「早く終わらせたい」の一心で動いているだけのようです。こんな感じなので、タイヤ交換一式で精一杯、他のメンテナンスは翌朝に延期(どうせ予選出走は最後に近いし・・)して本日の作業は終了〜。とっとと片づけを終え、4名で湯郷へ直行。お風呂に入り、今回はいつもと違う焼肉屋(力亭は満員御礼で予約出来ず!)を開拓し、ロッジに戻って2次会。いつもは「今晩はオールや!」と意気揚々やり合うところですが、酷暑の疲れ?か、誰もそこまでの元気が無く突っ込みも無し、適度なところで就寝となりました。

 日曜日の朝は、当然のように5:30に起床、6:00前にはブツブツ言ってる人も半強制的にパドックへ移動です。朝から天候は晴れ!今日も暑くなりそうです。予選は“たかはし”が2番目の8:20から。“とし”は遅くの9:40からです。“とし”は前日やり残したメンテンナンスを“かいのう”と手分けして行います(暇だし・・笑)。今回からオープンクラスへ参戦の“たかはし”、予選でほぼ自己ベストの45秒台を出しますが、予選順位はかなり後方に埋もれています。なかなか厳しいクラスです。“とし”は“たけうち”にケツ叩かれながら気合いを入れてコースイン。計測1周目で47秒台前半を出し、46秒台を狙う算段です。思惑通り、計測1周目で473に入れ、さらに上を狙っていきますが、暑さにヤラレたのか?計測3周で人間の電池切れ(笑)となったのか、46秒台に入る事なく終了〜。予選では、すぐ前で混走のMTクラス“すえざわさん”が走っていましたが、こちらも2回ほどコースアウトしそうな危ない場面もあり、ぱっとしなかったようです。それを直後の走行で見ていた“とし”も撃沈・・・またまた見せ場なく終わってしまいました(笑)。
 “たかはし”は昼前の決勝、暑い時間帯でのレースです。45秒台を記録しながらレースは進んでいき、そのままチェッカー。順位もあまり変わらずでした。オープンクラスに昇格し、かなり揉まれているようです。このクラスで好成績を収めるには、まだまだ精進が必要なようです。この後お昼タイムとなるのですが、通常ならテキトーなところで昼食を終えるところ・・ですが、この酷暑、暑さから逃避する為(笑)、何と2階のVIPルームのバイキングに皆で繰り出しました。冷房の効いた部屋で過ごす為に大枚さようなら〜、でも、誰もそのお金を惜しいと思わなかったようですよ(笑)。
 “とし”の決勝は問題の15:00前、一番暑さが厳しい時間帯です。ガレージのダンロップタイヤサービスで気温と路面温度を公表しているのですが、見ると卒倒しそうになります。暑さに耐えながら時間を待ちます。そして決勝です。前回ヤラレた「のぱのぱR」を上回るべく気合い注入して臨みます。ただ、今回は予選で1.5秒離されており、かなり厳しい追い上げになる事が予想されます。スタートはちょっと遅れ気味となり、後続にも抜かれる始末で2周目1コーナーで抜き返し、前にいる「のぱのぱR」の追い上げに入りますが、思ったようにどちらもペースは上がりません。すると3周目にいきなり赤旗提示でレース中断。しばらく炎天下のピットロードで待機となり、その後ピットで待機、暑さで既にグロッキー状態となったまま、扇風機にあたります。この時、“すえざわさん”は集中力が切れたようで、そのままリタイア届を出して止めの判断をしたようです(これも危険回避の為にはアリだと思います)。そして再スタートとなりますが、サイティングラップから気合いが入りません(泣)。ペースも上がらず・・・、そして5周に減算となって再スタート。スタートは多少よかったものの、その後のペースが全く上がりません・・・。上げようと思ってもあがらず、淡々と周回を重ねていきます。前走者も見えてますが、詰まりません。むしろ微妙に離されていく感じです。今のペースを維持してコースアウトしないようにするのに精一杯で、結局そのままチェッカーとなりました。お立ち台には上がらせてもらいましたが、当初の目的達成とはなりませんでした。むしろ転倒怪我しなくてよかった・・・の思いの方が強かったレースでした。

 今回は熱中症寸前、とにかく暑さとの勝負でした。今まで夏のレースもかなり出てますが、一番厳しいレースでしたね。夏のレースに向けていろいろと準備してきた事が出せなかったのが悔しいところです。もっと気持ちよく、すがすがしいレースをする為には、やはりラップタイムの向上が不可欠です。それに向けて、体力、バイクを操る技術を磨かないとあきません。次に向けて切り替えていきましょう(毎回同じ事言ってる気もしますが・・笑)。