2005 夏のモトルネッサンス

今回の参戦者&サポート部隊


かいのう  −−MT−2     DUCATI 748R
          OVER40    DUCATI 748R
まつてっく −−MT−2     DUCATI 748SPS
とし     −−MT−2     DUCATI 748R
カズ     −−当日サポート組
とくの    −−ボクサーツイン   BMW R1200GS
           SSC−883    H−D XLH883
石川    −−ボクサーツイン   BMW R1100GS
篠原    −−SSC−OPEN   H−D XLH1200


今年もお盆真っ只中、エントリーの皆の衆は家庭のお盆行事をすべてブッチギリ(笑)しての参戦です。早々から次々と参戦表明し、皆、気合い満々です。”まつてっく”は、意外にも夏のモトルネの参戦はおろか、観戦組での遠征も今までありませんでした。なんでも・・・・仕事がこの時期忙しい、と言いながら、実は家族の冷たい目が無視できなかったようです。”とし”は、家族親戚を前に早々から、「お盆はおらんぞ〜!」と連発し、参戦の為の種まきをしていました・・・・・ちなみに、嫁子供はダンナが居なくても、ちゃんと”とし”の実家に行って、お盆行事をこなしていたとか・・恐ろしや!
”かいのう”、”とくの”、”石川”も夏のモトルネではレギュラーメンバーです。”篠原”は数年ぶりにレース復活です。”ドラミちゃん”も同行して、どこまで魅せてくれるのでしょう?どうも排気量にモノをいわせて混走の”883とくの”の撃沈が目的のようです。
ところで、昨年まで開催されていたボクサートロフィーは消滅し、代わりにボクサーツインなるクラスが新設されました。メーカー、ディーラーのバックアップも無くなり、当然のようにエントリー数は減ってしまいました。ついにはACTクラスとの混走となってしまい、荒波に揉まれるクラスとなってしまいました。”とくの”はにゅーましーんR1200GSを持ち出しどこまでイケるのか?、新婚ほやほや”石川”はどこまで背負った家族を気にせず走れるか(笑)、話題は尽きません。

2005.08.14 レース当日


土曜日とはうってかわり、日曜日はヒマ、暇、ヒマ、ヒマ〜!主催者のイキ?な計らいで、日曜日は決勝しかありません。はい、その為、決勝レースまで何もする事がないのです。これは困った!身内のレースがバラけているので、出走の手伝いをしていればソコソコ時間は経ちますが、いかんせん緊張感がありません。やはり従来通り、午前中に予選、午後決勝にしてもらいたいものです。ちなみに、トリのレースとなる”かいのう氏”、”とし”、”まつてっく”、”けんさん”のMT2クラスは決勝が16:00頃です。勘弁してくれ〜!
今回は当日観戦組として、同じ松山から”池田兄弟たけうちくん”が家族でやってきました。彼も748RでMT2エントリー、と言いたかったのですが、仕事の都合で今回はパスしていました。何でも、「秋のモトルネには必ずエントリーするから、気持ちを高める為にやってきました!」とか。ん〜、やはりやる気のある若者は違います。すぐにヘタれるおいさん達(ウチらの事ネ!)とは気合いが違います。
そうこうするうちに、最初にハーレーSSCクラスの決勝です。どうもメンツを見ていると、”とくの”がSSC883クラスではイキそうな気配が漂っています。SSC−OPENとの混走で、今回の伏兵”しのはら氏”が1200の排気量にモノいわせて、”とくの”をギャフンといわせてやろうとたくらんでいます。今回は岩城滉一氏もSSC−OPENに参加でしたが、マシントラブルですぐリタイアしてしまいました。結果は”とくの”は余裕でクラス優勝(くそぅ!)でしたが、”しのはら氏”が善戦し、”とくの”に遅れること数秒でフィニッシュ!数年のブランクとビューエルだらけになってしまったSSC−OPENクラスで頑張ったようです。
GALLERY TOP

2005.08.13 前日練習


毎度の土曜日早朝入りとなったのですが、今回は着く前からいろいろとありました。
まずは、金曜日から練習入りしていた同じ地元の”Teamけん”の”けんさん”(今回も748SPでMT2)から、仕事中の”とし”へ電話の嵐となりました。金曜日の朝から、「748、アイドリングしないんですけど・・・・」、コレとコレ・・・をチェックしてみて〜、と指示をいれ、1〜2時間あけて様子伺いしてみると、今度は半泣きで「ジレラが死んじゃいました〜」(WエントリーでMS1はサトルノ500)と伝えてきます。なんでも、突貫で組み上げたばかりのジレラのFスプロケットが外れ、クランクケースを突いて割ってしまったとか・・・。こうなると、どうしようもありません(ご愁傷さま・・・・です)。ここで気をとりなおして748に集中したようですが、また電話が・・・・・「クラッチが滑って全く身動きとれなくなっちゃいました〜」。STMスリッパークラッチが便利なのをいいことに、バンバン効かせているうちに滑り出し、発進すらできなくなってしまったとか・・・・。予備ディスクは無い上に外し方もわからず、お手上げ状態のようです(またまたご愁傷さま・・・・です)。ここで”とし”は”かいのう氏”(748SPの前のオーナーね!)に連絡して、STMクラッチの特殊工具(コレがないとクラッチはバラせません)と予備STMディスクを持っていってもらうように段取りし、それがダメな時の対策として、”とし”が外して持っている748R純正スリッパークラッチ一式を持って行く事にしました。それにしても”けんさん”、とことんツイてないようです。
そして、行きの道中、到着までもうちょっと・・・という夜中の山の中を、”とし”運転のベントラを先頭に3台が走っていたところ、脇の茂みから突然”シカ”が飛び出してきました。ベントラの目の前にシカが飛び出してきて仰天、急ブレーキで何とか回避(シカはそのまま横切り、山の中へ消えていったのでした!)したものの、珍事に一同は「目が点」になったのでした。道中からロクなことないなあ・・・と思いつつ・・・・・。
サーキット入りしてすぐ、お約束通り”けんさん”が748SP持参でやってきました。皆で寄ってたかってクラッチを修理し、あと予備プラグ(コレさえ持ってなかった!)を渡し、なんとか748SPは走行可能となりました。(結局は予備STMディスクに換えただけで済みました。)”けんさん”は「フンフン、こういう構造になっているんですね〜」と関心しきり・・・・困ったもんだ(笑)たのむよ〜!
ところで、今回のモトルネは2DAY開催の為、土曜日が予選となっていました。という事は、練習走行、車検、予選、と忙しい一日です。エントリー者は一睡もせずサーキット入りしており、朝からぐったりしています。こんなので一日無事過ごせるのでしょうか?BMW、ハーレー勢は、練習走行まではノンビリ(いいなぁ)しています。”とし”はORC会員である事を武器に、欲張って走行を入れ、朝一番の枠から走行をいれてましたが、徹夜が災いし、朝一枠はまともな走行になりませんでした。それを見越していた”かいのう氏”は朝一はパス(賢い判断!)!結局、余分な金を使ってしまっている”とし”なのでした。
そして、いつも通りというか、DUCATI勢は走行の合間にいろいろとマシンチェック他に忙しくしています(BMW、ハーレー勢から見ると、何をそんなにやってるの?てな感じですね)。”とし”は走行の合間にタイヤサービスと行き来して、おNEWタイヤへの交換も行い、時間との勝負です。”かいのう氏”、”まつてっく”はタイヤ交換こそないものの、マシンの手入れです。それにしても手間のかかるバイクだ。
残念ながら、MT2はウェットレースとなってしまいました。それにしても、丸一日待って、コレはないでしょう!消化不良となってしまいました。でも他のレースはドライで行われ、大きなトラブルもなく(”かいのう氏”の前日転倒はあったけど・・・)終える事ができました。そして、”カズ氏”の献身的なサポートにも感謝!です。
ちなみに、”とし”は家に帰って嫁さんにこの事を話すと・・・・・「レインタイヤ(といっても中古ネ!)なんか買うけん、雨が降るんよ!」と一喝。・・・・・・・・・・「はいっ・・・その通りです・・・・」何も言い返せませんでした(笑)

また、今回は岩城滉一さんの出場もあって、ソレ目当てで来られた方も多かったのでは?ちなみに、普段サーキットには顔を出さない身内の”もりさん”夫婦も来てました。嫁さんに聞いてみると、「決まってるじゃない!それが目的よ〜♪」と単純明快なお答え。”たけうちくん”嫁さんも、「一緒に写真とってもらっちゃった〜」てな具合です。やはり女性には大きな影響があるようです。

今回はDUCATI軍団に表彰台はありませんでしたが、またもや”とくの”のクラス優勝と2位のダブル表彰台となりました。次はガンバルぞ〜!
さて、皆の練習状況は・・・・というと、”かいのう氏”は1本目の練習で見事に飛んでいきました(詳細は「こまったちゃん認定!その5」を参照してネ!)。が、2本目までのインターバルのうちに修復完了、そして何事もなかったかのように走り回っていました。元気なおいさんですねー!”とし”はタイヤをおNEWに替えた3本目には自己ベストを更新!感じは良くなってきているようです。タイヤもメッツラーレンスポからレーステックに変更。レンスポよりインフィールドでよく曲がるようになり、ちょっと楽になったようです。ただ、もうちょっとタイムを縮めるつもりだったようで・・まあヨシとしましょう!今回、夏のモトルネ初参戦の”まつてっく”ですが、やはりこちらも自己ベスト更新で好調のようです。ただ、”とし”がたまたま”まつてっく”の後ろを走って観察していると、コーナーでは延々ブラックマークをつけながら走っているようで、要サス調整?のようでした。走行後、タイヤを見てみると・・・やはりかなり荒れています。まあ、こちらもヨシでしょう!
BMW、ハーレー勢は・・・”とくの”は、ハーレー、BMWで1本づつの走行です。ハーレー883では走行中に電気系トラブルで途中ストップ。仕事柄詳細は伏せておきますが、後からコソコソ直していました。これからタイム出すゾ、というトコでのストップで、ちょっと不完全燃焼のようです。BMWは、おNEWの1200GSですが、どうも以前の1100GSの時のような迫力あるキレた走りが出来ていません。タイムもあまり出ず・・・・エンジンはいいけど足回りがいかんせんノーマル!どうも攻めきれないようです(前後オーリンズにしないとダメ!とは本人の談)。新婚”石川氏”は以前の転倒から長いトンネルに入っており、まだ抜けきってないようです。事実、走れば走るほどタイムが落ちていくようで・・・・まだまだ治療が必要のようです。今回の伏兵”しのはら氏”は嫁持参で数年ぶりのレース復活です。ハーレー1200で”とくの883”に勝つ!とばかり、結構いい感じで走っています。ただし、目が△になっている訳でもなし、本人はいたって、あっけらかん。意外とやりますなぁ! 
車検も無事終わり、あとは予選です。順当に予選も消化していき、トリはMT2です。ところが・・・・予選開始と同時にけっこうな通り雨、ゲゲゲッ!状態です。先頭の速い人達のアピールですぐ赤旗中断となり、仕切り直しとなりました。しばらくしてやり直しとなりましたが、ところどころウェットっぽいところと、日暮れ前ということもあり、路面状況がはっきりと確認できない上での走行となり、いまいち攻めきれない予選となってしまい、少々消化不良となりました。どうもツイてないなぁ、という感じですね。あぁ、やっぱり夏の夕立ちはヤダヤダ!
こうして、何とか一日を消化し、あとはいつもの湯郷めぐりとなりました。
お次は”かいのう氏”のOVER40クラスですが、ここは、やはり大人げない人達ばかりです。「少しは歳くってんだからもうちょっと遠慮しろよな!」と言いたくなるほど、走りは過激です。2004年冬のモトルネMT2で優勝した”かいのう氏”も、このクラスではどうも影が薄く、全く目立ちません。過激なこのクラスの雰囲気にまだ溶け込んでないようです。結果、タイムはちゃんと出しているけど・・・・・まだまだこのクラスでは努力が必要のようです。
そして、”とくの”と”いしかわ”のボクサーツインクラスは激戦ACTクラスとの混走となり、一気に荒波にのまれるレースとなりました。”いしかわ”は頑張ってはいるもののタイムは伸び悩み、まだまだ修行が足りないようです。”とくの”はおNEWましーんで善戦はしているもののACTクラスとの中では中盤以降にのまれてしまい、いまいち目立ちません。また、昨年までの迫力がいまいち感じられませんでした。が、結果は2位表彰台(またまたくそぅ!)。どうも運には恵まれているようです。本人談としては、だいぶ乗れてきたようで、「次出る時に足回りを変えれば50秒切れるで〜!」と、昨日までとはうって変わった、”ビッグマウスとくの”に戻っていました(笑)。
さて、最後はMT2決勝のみです。これには、ヤラレました・・・・・・。ウェイティングエリアへ行くと、何やら西の方が暗くなってきています。夕方というのもありますが、それにしても怪しい。そして、グリッドにマシンを並べ、恒例の写真撮影をしていると・・・・・・、「ゴロゴロ!ピカッ!???」早くも夕立ちの気配満点です。撮影で待っている皆も、「オイオイ!かんべんしてくれよ〜」てな声がしています。そして撮影が終わってグリッドに戻ろうとすると・・・・早くもやってきました。突然雨が降り出し、グリッドに戻ると同時に、オフィシャルの指示で撤収となりました。アッという間にフルウェット状態です。”とし”がピットに戻る途中、ト○○○ルのし○づさんと一緒になり、「ダレや〜雨男は〜」と話しかけてきたので、「アンタや〜!」と返すと、「わしゃ、違うで〜」。いろんなトコでこんな会話があった事でしょう。この時点でリタイヤ組も出てきました。”かいのう氏”は早々にリタイヤ宣言!(既に1レースは走ったし・・・)”とし”も同じく時間が無いのでリタイヤ宣言!残る”まつてっく”はスペアホイールにレインタイヤもしっかり装着しており、準備は万端!出る気満々です。ここで数人が寄ってたかって前後レインに交換です。あっという間に交換は終了!(ただし、”まつてっく”はおろおろして邪魔になってきた(笑)ので、途中から作業から外されてました) そうこうしていると雨が小降りになってくると、今度は一度リタイヤ宣言していた”とし”がムズムズ(だって、この決勝の為に一日待ってたもん!)してきました。スペアのリアホイールにはレインを履いていましたが、フロントはタイヤチェンジする必要があります。ここで、DUNLOPサービスに行ってみると、ヒマそうにしています。聞いてみると、やはり「今だったら、すぐできますよ〜♪」と返事。これで決まりました。リタイヤ宣言は撤回!すぐ作業開始です。そうこうしているとレース再開のアナウンスもあり、皆コースに出て行きます。”とし”もギリギリで間に合い、あわててコースイン。”まつてっく”は余裕のコースイン。が、”とし”はあわてて作業してたので、空気圧調整を忘れてました・・・・・いきなり1コーナーからマトモに走れず、再度ピットインして調整です。(ちなみに”けんさん”もつられて意味もなくピットインしてました(笑)・・)そして当然のようにピットスタートとなりました(ちなみに盛んに放送で名前を連発されてたらしく、”とくの”が、「目立ってええなぁ!今度はこの手でいくか!」などとアホなことを言ってたようです)。サイティングラップ前だった事もあり、スタートはグリッドにちゃんと並ぶ事ができたので、まあヨシです。で、いざ決勝スタートすると、”とし”はスタートを決め前1列を抜きましたが、1コーナーで詰まってしまい、その間に”まつてっく”にも抜かれてしまいました。”まつてっく”は好調で、その後”とし”は離されるばかり。やはり事前のドタバタが尾を引いたのでしょうか?その後ラップタイムは上がってきましたが、時すでに遅し。”まつてっく”、”とし”の順にゴール。”けんさん”はドライタイヤのままでの出走だったので、残念ながらラップ遅れとなってしまいました。