2005 Corsa di MODA 春

今回の参加者&サポート部隊


かいのう −− DUCATI 748R
まつてっく −− DUCATI 748SPS
とし    −− DUCATI 748R
しげちゃん −− DUCATI MHR
カズ    −− サポート組


2005年の走り初めは、レースではなく、走行会となりました。
今回の走行会は、イベント”Corsa di MODA”内で行われた、「DUCATI走行会 ドカっとラン」です。DUCATIディーラー3社主催による、気軽に参加できる走行会です。お水系マシンの3名は今年最初の肩ならし。”とし”と”まつてっく”は、エンジンO/Hを終えたばかりという事もあり、O/H効果にウキウキ状態です。それと今回は、”しげちゃん”が、壊れる心配を抱えながら?の、ベベルMHRでサーキットデビューとなりました。(心臓バクバク状態)
今回は、走行会だけでなく、2輪4輪イタ車のイベントという事もあり、他の楽しみもありました。一番の目玉は何といっても”フェラーリF1デモラン”です。他にもイタ車ウジャウジャ状態で、一日イタ車に染まる一日でした。

イタ車いろいろ


イタ車イベントということもあり、四輪の参加が多いのが特徴です。半分以上はフェラーリ、そしてアルファロメオ、ポツンとランボルギーニってとこです。フェラーリにおいては、国内にそう台数も出てないハズ?のエンツォが3台もいます。こういうトコには出てくるんですねぇ。360モデナはウジャウジャ状態!当日参加のフェラーリの半分は占めていたのでは?という多さです。あとは、355、348、512TR、テスタロッサがチラホラ。この中で個人的に目をひいたのは308、365デイトナ、あたりですね。それにしても集まれば集まるもんだ・・・
でも、個人的に一番気になったのはランボルですね。端のほうのピットにコソッとディアブロがありました。よくみると、かなりお金がかかってます。ついでにタイヤはスリック!(オーナーに聞いてみると・・・これで広島まで自走で帰ります、って!オイオイ!)フェラーリのエレガントさと比べると、荒々しい雰囲気のランボル。カウンタックもいいけど、こうしてみるとディアブロもけっこうカッコいいです。
GALLERY TOP

ドカっとRUN 走行会


4名とも、フリー走行クラスで走りました。半年もサーキットを走ってないと・・・・感覚が戻るのに時間がかかります。やっぱり、今回は肩慣らしってトコですね。同じピットには、神戸からやってきた栗林さん(MHRでエバーグリーンユーロクラス参戦中!)と合流し、ワイワイガヤガヤ!
お水系マシンの3名は、コースが混んでるのもあって、タイム更新とはなりませんでした。ここで、やってくれる人もいました。”まつてっく”はガス欠をおこし、アトウッドコーナーからレッカー乗車初体験!やはり、やってくれます!
今回サーキットデビューの”しげちゃん”は、どう走っていいのやら分からず・・・まあ、しょうがないですね。ついでに古いマシンにありがちなパーツ破損も若干ながらあったようで(笑)。カズ総帥は、皆のサポートでぐったり・・・(まあ歳だしネ)
大きなトラブルもなく、のんびりと一日を楽しみました。

今回の勇姿?



皆の走行写真です。見てミソ!


”かいのう”+DUCATI 748R


”まつてっく”+DUCATI 748SPS


”しげちゃん”+ベベルMHR


フェラーリF1 デモラン


今回のメインイベントと言っても過言ではありません。”とし”もコレ目当てみたいなものです。ピットで整備を受ける2台。F2000とF2002です。ちょっとデモランするのにも、かなりの作業と労力を必要としているようです。さて、走りだしてみると・・・・・・はい、感動モノのサウンドと走りです。空気の震える感じ、明らかに他の四輪とは違います!官能的なサウンドのおかげで、どこを走っているのかが、ピットからでもわかります(笑)。目線がマシンと平行なコース横でF1が疾走する姿は、「久々にいいモノ見せてもらった!」ってトコでした。2台走っているだけでもあの迫力!以前ここであったF1(当然ビデオは残してますよ〜)の時はどうだったんでしょうねぇ?
無理してでも観戦に行けばよかったかな?
ちなみに、1分22秒前後で周回していました。
最後にはちっとばかし白煙を吐き、ピットで消火器攻めにあってたり・・・
それにしても生F1はやはりグー!です。

”とし”+DUCATI 748R